トレランシューズの”走力レベルでの選び方” 【第4章:トレランシューズの選び方<実践編③>】

こんにちは。

はしりびとです。

今回のテーマは、

販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】

です!

その中から、

第4章:『トレランシューズの選び方<実践編>

PART2:トレランシューズの選び方を知る:トレランレベルでの選び方

を語らせていただきます!

このテーマは、全6章で語らせていただきます!

概要は↓の記事を読んでみてください。

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 に...

1.前回のおさらい

前回は、低ドロップとは何かについてについて語らせていただきました。

・トレランにおける理想的な走り方は、『ミッドフット・フォアフット着地』、『身体の真下で着地』である(怪我防止・効率的な走りをしやすい)

・やってはいけない着地は、『踵着地』、『身体の前での着地』である(捻挫をしやすい、筋肉疲労も大きい)

・理想的な着地をするには、【高ドロップシューズ】ではなく、【低ドロップシューズ】である。

・基本的には、【低ドロップシューズ(ベアフット系かハイブリッド系)】を履くことを進める

以上の4つのポイントをお伝えさせていただきました。

↓前回の記事はコチラ

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...

トレランでの理想的な走り方と、それをするには低ドロップシューズがいいってことだね!

回は、前々回の種類の中から、実際に何を基準に選べばいいのかをご説明させていただきます!まずは自分が求める種類を探していきましょう!!

2.まずはトレランSHの種類を思い出そう!!

まずは、前々回の記事をご覧頂きトレランシューズの4つの種類を思い出しましょう!

下記の4つです!

『トレランシューズの種類
①『ベアフット系』トレランSH

⇒保護のほとんどない『裸足感覚』で、自分の足でしっかり走るタイプ

⇒低ドロップ設計

トレイルランニング - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

②『ハイブリッド系』トレランSH

⇒人間本来の自然な動きを邪魔しない適度な保護』があるタイプ

⇒また、楽に身体が進む『走行性』を兼ね備えたタイプ

⇒低ドロップ設計

③『プロテクト系』トレランSH

⇒ガッチリと脚を固定して守る『安定・保護重視』のタイプ

⇒高ドロップ設計

ガレ場の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

③『オフロード系』トレランSH

⇒泥やぬかるみなどの滑りやすい箇所を『高いグリップ力』でクリアするタイプ

泥の中を走る女性ランナーの足 - 1人のストックフォトや画像を多数ご ...

↓前々回の記事はコチラ

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...

そうそう、この4種類だったね!前回やった”低ドロップ設計”は、「ベアフット系」と「ハイブリッド系」になるね!

では、本題である「この4種類の中から自分はどれを選べばいいのか」について解説します!

大きく分けて、【トレランシューズの2つの選び方】を覚えておきましょう!!

1つ目が、【トレランレベルでの選び方】

2つ目が、【走る距離での選び方】

です!

今回は、そのうちの1つ【トレランレベルでの選び方】をご説明します!

3.選び方①:トレランレベル(経験・トレラン歴)

1つめは、経験値・経験年数などのトレランレベルになります!

トレランレベルについて
①超入門者(入門レベル)

秋の登山コース6号路とハイカー[02701012564]の写真素材・イラスト素材 ...

【特徴】

・ランニング経験がほとんどない(ジョギング程度)

・トレラン歴:初めて

・トレラン大会出走経験なし

【トレイルランの向き合い方】

・登山/ハイキングと兼用

・走れるとこだけ走ろう(下りのみ走る)

【向いている種類】

下記3種類の“クッションモデル”がおすすめ

1.ハイブリッド系(しっかりトレランしたい方)

2.プロテクト系(歩きやハイキングが多い方)

3.オフロード系(とにかくグリップを重視したい方)

②入門者(入門レベル)

トレイルランニングの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

【特徴】

・ランニング経験が少しある(ハーフかフルマラソンの経験あり)

・トレラン歴:初めて~1年未満

・トレラン大会出走経験がわずかにある(or なし)

【トレイルランの向き合い方】

・走れるところだけ走ろう(or 出来る限り走りたい)

・大会も機会があれば出てみようかな

【向いている種類】

下記2種類の”クッションモデル”がおすすめ

1.ハイブリッド系(基本バイブリッドのクッションタイプから選ぶ)

2.オフロード系(とにかくグリップを重視したい方)

③脱初心者(経験者レベル)

トレイルランニングの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

【特徴】

・ランニング経験がある(フルマラソンは何度か経験あり)

・トレラン歴:1年以上~

・トレラン大会にも何度か出走している

【トレイルランの向き合い方】

・上りは歩くが、出来る限りしっかり走る

・大会にもどんどんチャレンジしていきたい

・もう少し速くなりたい

【向いている種類】

下記3種類の”クッションと軽量のバランス型モデル”がおすすめ

1.ベアフット系(走れる足を作る為、練習で使用)

2.ハイブリッド系(基本、レースも練習もメインに使う)

3.オフロード系(とにかくグリップを重視したい方)

④中級者(経験者レベル)

トレイルランニングはどんなスポーツ? その魅力や必需品、注意点とは ...

【特徴】

・ランニング経験がある(フルマラソンは何度か経験あり、ウルトラも経験あり?)

・トレラン歴:2年以上~

・トレラン大会参加回数も豊富

【トレイルランの向き合い方】

・上りも含めて、出来る限りすべてをしっかり走る

・大会にもどんどん出走していきたい

・どんどん速くなりたい、自分に勝ちたい

【向いている種類】

下記3種類の”クッションと軽量のバランス型モデル”がおすすめ

1.ベアフット系(短い距離ならレースでも使う、練習でもメインに使い始める)

2.ハイブリッド系(距離の長い練習やレース出使う)

3.オフロード系(とにかくグリップを重視したい方)

⑤上級者(ベテランレベル)

無料画像 : 歩く, トレイル, ランニング, 国, マウンテンバイク ...

【特徴】

・ランニング経験がある(フルマラソンは何度か経験あり、ウルトラも経験あり?)

・トレラン歴:3年以上~、とにかく長い

・トレラン大会参加回数も豊富、入賞や上位成績者も

【トレイルランの向き合い方】

・上りも含めて基本すべて走りきる(距離による)

・大会にもどんどん出走し上位を狙う

・どんどん速くなりたい、自分にもライバルにも勝ちたい

【向いている種類】

下記3種類の”軽量スピードモデル”がおすすめ

1.ベアフット系(メインで使う方が増える、練習も本番も使用)

2.ハイブリッド系(距離の長い練習やレース出使う)

3.オフロード系(とにかくグリップを重視したい方)

※【クッション型モデル】、【クッション軽量のバランス型モデル】、【軽量スピードモデル】については、PART3で単品と共に説明します。

以上の5つのレベルに分けられます!!

まずは、自分がどのレベルに当てはまるかをチェックしてみてください!!

それを把握することがトレランシューズを正しく選ぶための基本になります!

なるほどね!わたしは【③脱初心者レベル】かな!いつも出来る限り走ろうと思うけど、上りがどうしても難しいよ。ベアフット系にチャレンジして足を作るのがいいのかもね!

そうですね!

ロード用シューズと同様に、トレランシューズもステップアップを目指していくなら使い分けが必要になります!!

また、ロード用シューズとは違った意味で複数種類をもったほうがいい理由もあります!!それを次回の【選び方②:走る距離での選び方】でご説明します!!

4.まとめ

以上で、

第4章:『トレランシューズの選び方<実践編>

PART2:トレンシューズの選び方を知る:トレランレベルでの選び方

は終了となります。

まとめると、

・最適なトレランシューズ選ぶ際、「トレランレベルでの選び方」と「走る距離での選び方」の2つの選び方がある

・トレランレベルには、「超入門者」、「入門者」、「脱初心者」、「中級者」、「上級者」の5ランクがある

1.「超入門者」は、【ハイブリッド系】、【プロテクト系】、【オフロード系】のクッションモデルを選ぶ(使い方は本文記載)

2.「入門者」は、【ハイブリッド系】、【オフロード系】のクッションモデルを選ぶ(使い方は本文記載)

3.「脱初心者」は、【ベアフット系】、【ハイブリッド系】、【オフロード系】の軽量クッションのバランス型モデルを選ぶ(使い方は本文記載)

4.「中級者」は、【ベアフット系】、【ハイブリッド系】、【オフロード系】の軽量クッションのバランス型モデルを選ぶ(使い方は本文記載)

5.「上級者」は、【ベアフット系】、【ハイブリッド系】、【オフロード系】の軽量スピードモデルを選ぶ(使い方は本文記載)

よくわかったよ!!トレランレベルでの見方はとてもシンプルでわかりやすいね!!

とてもシンプルなので、是非やってみてください!!

そして、重要なことは、

「ロード経験あろうが」・「なかろうが」トレイルランに初めて参加される方は、誰もがトレイルラン初心者である!!

安全に楽しむためにも”正しいレベル”から自分の求めるレベルを選び、快適なトレランを楽しみましょう!

今回で『トレランシューズの選び方』について、大枠はご理解いただけたかと思います!

次回は、もう1つの選び方・『トレランシューズの選び方を知る:走る距離での選び方』について説明いたします。

それでは、

第4章:『トレランシューズの選び方<実戦編>

PART2:トレランシューズの選び方を知る:走る距離での選び方に続きます!

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする