どのレベルのランナーでも使える!!『NIKE/ペガサストレイル2』【第4章:トレランSHの選び方<実践編㉒>】

こんにちは。

はしりびとです。

今回のテーマは、

販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】

です!

その中から、

第4章:『トレランシューズの選び方<実戦編>

PART4:⑰プロテクト系・クッションモデルより、

NIKE/ペガサストレイル2

を語らせていただきます!

このテーマは、全6章で語らせていただきます!

概要は↓の記事を読んでみてください。

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 に...

1.PART3『総合チャート表』のおさらい

PART3では、トレランシューズ選びに非常に役立つトレランシューズの代表商品25選紹介と8つのグルーピングについて語らせていただきました。

再度、下記にチャートを添付します!

*綺麗なバージョンは下記PDFファイルをダウンロードして下さい。

2019-20トレランチャート表(モノクロ)

25個のシューズがどういった特徴かも簡単に教えてもらったね!なんとなくどういった感じかは理解できたよ!

↓トレランSH25選とグルーピング記事はコチラ

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...

2.トレイル入門者におすすめ!!

今回は、チャート表のプロテクト系『クッションモデル』に属する”NIKE/ペガサストレイル2″をもう少し詳しく説明します!!

↓チャート表上の立ち位置

主な、使用者は下記のような方になります!!

『ペガサストレイル2』の使用者
<おすすめレベル> ※1足選ぶならこの方法

・入門者、脱初級者

<距離別区分> ※しっかり選ぶならこの方法

・入門者のショート(~40km)

・脱初級者のショート~ミドル(~80km)

・中級者~上級者のミドル~ロング(40km~)

※『レベル』『距離区分』について知らない方は下記を参考にしてみてください!

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...
こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 販売のプロによる【安全に楽しむ為のトレランのはじめ方】 で...

3.NIKE/ペガサストレイル2

トレランSHとは思えない高いクッション性!

ミドル~ロングで活躍するサポート力!

・重量:333g

・ドロップ:10mm

【特徴①】トレランSHとは思えない高いクッション性

『ペガサストレイル2』は、見た目通りの”分厚いクッション”が最大の魅力です!トレイル走行時の地面からの”突き上げ感”がほとんどありません!下り走行時に小石などを踏んでも感触がないくらい、”分厚いクッション”を持っています。(以前紹介したHOKA ONE ONEモデルと同じくらいのクッション性があります)

今作は『エアズームペガサス36』の後継モデルになるのですが、大きな違いはミッドソール素材を”ZOOM AIR”から”REACT”に変更している点です。”ZOOMAIR”は「クッション性」と「反発性」に長けた素材で、着地時の衝撃を吸収しながらも跳ね返す能力が高かったですが、「安定感」に欠けるという欠点がありました。一方、”REACT”は「クッション性」は高いままで、「軽量性」と「安定性」がある素材です。つまり、『ペガサストレイル2』は、分厚い”REACT”がクッション性を更に引き上げており、その上で安定感を増したモデルと言えます!(反面、反発性は前作より落ちていますので、スピード走行という点では前作が上です)

超分厚い”クッション性”と素材を活かした”安定性”は、『ペガサストレイル2』の最大の魅力と言え、誰でも履けるような非常に使い勝手の良いシューズになったと言えます!「入門者のファーストシューズ」としてはもちろん、「脱初級者のミドルレンジ」、「中級者以上のロングレンジ」まで使って欲しいです!

【特徴②】高ドロップ設計はロングに役立つ!

前回の「SALOMON/スピードクロス4」の記事でも書きましたが、”高ドロップシューズ”は、「歩きと変わらないくらいのペースでゆっくり走るトレイルランナー」や「歩くことが多いトレイルランナー」などの入門者には非常におすすめです。そして、もう1つ「身体が疲れきった状態で履くシューズ」としておすすめです。(前回の記事はコチラ→https://hashiribito-sodo.com/trailrun28

「身体が疲れきった状態」になると、上級者ランナーだろうと、”姿勢”が保てなくなったり、”正しい走り方”ができなくなります。要は、筋力が低下すると、ほとんどの場合で”踵着地”や”足を置くような着地”といったあまり推奨されない走り方になるのです。この時に、高ドロップシューズのような踵のガッチリサポートは役に立つのです。

『ペガサストレイル2』は、ナイキモデルとしては珍しいくらい”踵の芯(ヒールカウンター)”が硬く作られています。それにより踵着地をした際でも、左右のグラつきを抑えてくれるようになっています。また、もう1つは、”踵部の僅かな反り返り”があります。これは踵着地に起きる”点”の着地を”面”に変えるような構造です。踵着地の際の面積を広く用意することで、少しでも踵着地時の安定性を出すのが狙いです。

『ペガサストレイル2』は、「ロングレンジに出走される方」、「レース後半に脚が動かなくなりやすい方」にも使って欲しいです!

【特徴③】反発はしにくいが推進力はある!

特徴①で書いた通り、『ペガサストレイル2』は、”ZOOM” AIR”ではなく”REACT”になったことにより反発性がダウンしたと書きました。ですが、走行性が格段に落ちたということはありません。その理由は、”踵”と”爪先部”の反り返り形状です!(HOKAのロッカー形状に近いですが、HOKAほどの反り返りはないです)これにより、「ゆっくり走る初心者」や「ロングで脚が疲れきったランナー」の走行性をカバーするようになっています!

まず”踵部”に関しては、特徴②でも書いた「接地面を”面”にした反り返り形状」が安定感を出すと同時に前に推し進めるような性能を出してくれます。そして、最後足が抜ける時は、爪先部を反り返らせていることで、チカラを加えなくても前に進めてくれる設計になっています。

さりげない走行性は履き心地も自然なので、履く人を選ばずに使用できるでしょう!

【体感レビュー】よく似たHOKA ONE ONEとの違い!

よくこのモデルに関して、「HOKA ONE ONEのモデルと何が違いますか??」と聞かれます。それを実使用感を踏まえてお伝えします!

まずは、「グリップ」でしょう!まとめて伝えると、「削れにくく、安定性があり、どんなトレイルでも難なく走行できるラグパターン」を持ったグリップです!HOKA ONE ONEの代表作『チャレンジャーATR』は、軽量で柔らかい反面、削れやすいという弱点がありました。また、人気作『スピードゴート』は、削れにくいものの走行できる路面がトレイルシーンが主で、ロードは不向きという弱点がありました。『ペガサストレイル2』はこの弱点2つを克服したも出るです!更に、ソールが全面ラバーなので、安定感も高いと言えます!(但し、HOKAよりもやや固い印象です。)

実際走ってみても、どの路面を走っても違和感なく走れます!個人的にはロードでのフルマラソンやウルトラマラソンなどにも使えるのではないかと思っています!それくらい使いやすいグリップをしています!

「トレイルランを続けるから兼用で使えたら・・・」という方にもいいモデルだと思います!

4.まとめ

過去にも書きましたが、たくさ~~~んの種類で、

しっかり走り、何度も試履きした中で選び抜いた中での今回の紹介

になります!

今回の記事を参考にしていただき、

・自分のレベルに合ったもの・必要なものを選ぶ!

・「コース」や「距離」に応じて選ぶ!

・大会に出る「脱初心者以上」は2、3足を選ぶ!

ための材料にしてみてください!

それでは、

第4章:『トレランシューズの選び方<実戦編>

PART4:トレランシューズの単品知識:⑱最新作・HOKA ONE ONE/チャレンジャーATR6(予定)に続きます!

執筆中

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする