販売のプロによる『失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>』PART4:レーシング編

こんにちは。

はしりびとです。

【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART4:

『レーシングの主要モデル比較を知る』

を語らせていただきます!

このテーマは、全7PARTで語らせていただきます!

概要は↓の記事を読んでみてください。

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】 を語らせていただきます! ...

1.はじめに

今回のテーマ【実践編】の冒頭にて、クッショニング>、<トレーニング>、<レーシングトレーニング>、<レーシング>、<ナチュラル>、<ベアフット>、<厚底カーボン>の7つのカテゴリーの主要モデルを紹介しました。当然紹介をした分で全モデルではありませんが、その主要モデルを理解できれば十分違いを理解できるようになります!

前回は、『レーシングトレーニング②:サブ3.5向け』の代表商品の比較分類をさせていただきました。

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART3: 『レーシングトレー...

今回は、その7つのカテゴリーの中の1つ『レーシング編』です!サブ3向けのレーシングカテゴリーの代表商品の比較分類をします!

大会に出る【上級者ランナー】、ステップアップのためにスピード練習用のシューズを考えている【中級者ランナー】は選択する可能性があるカテゴリーです!それ以外のランナー様も知っていて得する情報が入っていますので、是非皆様覚えてもらえればと思います!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
僕にはまだ機会がないけど、薄くて軽いやつはかっこいいからいつか履いてみたいな!!ちょっと事前に勉強しておこう!

それでは早速、4大機能による比較分類を行い、商品単品の違いを見ていきましょう!!

【機能編】のPART1で説明した『シューズ構成部の名称』、PART2で説明した『9大機能』を用いますので、読み返してからのほうが分かりやすいです!

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<機能編>】PART1: 『ランニングシュー...
こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<機能編>】PART2: 『ランニングシュー...

2.『レーシング』主要モデルの比較一覧表

先に、レーシングカテゴリー主要モデルの4大機能による比較一覧表を発表します!!

レーシングカテゴリー主要モデルの比較一覧表

主要モデル ミッドソール クッション 反発 安定 軽量
ASICS / TARTHER EDGE2 FLYTEFOAM ★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

MIZUNO / WAVE DUEL  DUEL PLATE ☆☆☆☆☆

★★★★★

※6,7近い

★★★★★

★★★★★

ADIDAS / ADIZERO TAKUMI SEN6 BOOST  ★★★★☆

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★☆

NB / HANZO R REVLITE

★★★☆☆

 

★★★☆☆

 

★★★☆☆

 

★★★★☆

 

主要モデル  ミッドソール クッション 反発 安定 軽量

2.主要モデルの商品単品の違い

では、この4つのモデルを紐解いていこうと思います!!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
よし、今回もしっかり読み込むぞ!!

ASICS/TARTHER EDGE2について
①FLYTEFOAMの進化素材と独自設計がスピード感を向上

・前回のレーシングトレーニング編でお伝えした『LYTERACER2』でも使用している【FLYTEFOAM PROPEL】を『TARHER EDGE2』でも使用しています。この素材は【FLYTEFOAM】と比べてクッション性は落ちますが、反発性は上がります(4くらいのイメージ)。<守る>よりも<攻める>タイプの素材と言えるでしょう。

・また、スピード感を高めるために、ミッドソールを薄くしているのはもちろんですが、TARTHER EDGE2』がスピードを出しやすい大きな特徴は、アウトソールのシャンクを外側まで使用していない点にあります。着地時の捻れを防ぐように取り付けられているシャンクですが、<踵(または踵を含む足裏全体)から着いて、つま先に抜ける>という足の流れを考えたときに、この固い樹脂パーツのシャンクがスムーズな流れを止めてしまう傾向がありました。そこで、『TARTHER EDGE2』は、これを履くランナーであればある程度は自身の足で捻れを防げる走力があると想定し、守りながらもスムーズな足の流れを妨げないように、シャンクを外側まで付けない部分設計を取り入れています。

②ランナーの憧れと言われる定番のサブ3向けシューズ

・サブ3を目指すランナーにとって、「一度は履いてみたい」、「いつかは履いてみたい」と思われている<THE サブ3 レーシングシューズ>が『TARTHER EDGE2』です。

・『TARTHER EDGE2』は、上記の通り、速く走る機能がふんだんに入っているだけではありません。ASICSの特徴である【履いている人の足を守る】という目的をこのレベルのシューズでも実現させているのです。多くの同位置づけモデルは、【履いている人のパフォーマンスを上げる】という目的を強くして、守る機能を削りがちです。しかし、『TARTHER EDGE2』は、多少重くなってでも、<踵のクッション>、<安定感の高いしっかりしたシャンク>、<踵をしっかりと止めるしっかりしたヒールカウンター>といった日本メーカーの強みを配し、スピードを出しながらも足を守るという究極の目的を実現させようとしています。

・足を守るパーツを削らずに、少しでも軽量化できるように、アッパーをメッシュ目の大きい軽いものを採用しています。

『サブ3を目指すためにスピードを出せる靴が欲しい方』、『初めてのレーシングシューズを探されている方』、『前に進めてくれる反発サポートはしっかり欲しいが、怪我のリスクも回避したい方』、『とにかく結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓アウトソールのシャンク位置

NB/HANZO Rについて
①『軽量・クッション・反発』が平均的に整ったREVLITEという癖のない素材

・ASICSの『FLYTEFOAM』と非常に似た素材で、軽さに、<ほどよいクッション性>、<ほどよい反発性>を持たせているのが、『REVLITE』素材の特徴です。自然な履き心地を有する『REVLITE』は、一見特徴がなく優れていないミッドソール素材に見えます。しかし、特徴がないは言い換えると【癖がない】ので、自然に足を守り、自然にスピード感を出しやくできます。『FLYTEFOAM』と同様に万人に合いやすい素材なのです。

『HANZO R』は、現代の靴作りの名工”ミムラ”氏が設計を手掛けたシューズです(詳しくは後ほど記載)。”ミムラ氏”がレーシングシューズのミッドソール素材に求める機能は、大きくはねたり(高反発)・衝撃吸収がしっかりできたり(高クッション性)、柔らかかったり(柔らかさ)ではない傾向にあります。ミムラ氏がレーシングシューズのミッドソール素材に求める機能は、軽量で、適度に足を守れるクッション性があれば、あとは癖がなく自然と地面から足裏感覚が伝わればいいという傾向です。

・つまり、『HANZO R』は【REVLITE】との相性が非常によく、違和感なく自然にスピードを出せるシューズと言っていいでしょう。

②現代の靴作りの名工 ”ミムラ” 氏が手掛けたフィット感にこだわったサブ3向けシューズ

・”ミムラ”氏は、定年までASICSに勤め、そこで数々の有名アスリートのシューズを作っていたスポーツシューズ作り界の第一人者です。数々のアスリートが”ミムラ氏”のもとを訪れ、靴作りからアドバイスまで頂いていたと言われています。そんな”ミムラ氏”が定年退職後、自身で会社を立ち上げ、この度NB社と手を組んで作った靴が『HANZO R』です。

・日本人の足にフィットしやすいシューズといえば、ASICSとMIZUNOが挙げられます。以前お伝えしたとおり、この2メーカーは日本人の足のデータをたくさん持っているので、より精密な【ラスト(足型)】が作れるので日本人に合いやすいものができるのです。この『HANZO R』は同様かそれ以上に日本人の足に合いやすいフィット感があります。それは、『HANZO R』が”ミムラ”氏が持つ日本人向けのラストを採用して作られているからです。

・特に、ヒールカウンターはASICSやMIZUNO以上のホールド感が有り、靴紐を緩めた状態で履いても靴が脱げないくらいの踵のフィット感があります。もちろん、土踏まず~前足部にかけてもしっかりフィットしながらも、きつくなりすぎない自然なフィット感を実現しています。

③足が着地してから抜けるまでのスムーズな流れ・ライディングを実現

『HANZO R』のもう1つの特徴は、低ドロップ設計です。(低ドロップについては⇒https://hashiribito-sodo.com/shoes-select4をご覧下さい)低ドロップにすることで、足が着いてから抜けるまでの流れを非常にスピーディにできます。自然にスピードを出しやすモデルと言えます。但し、あまりクッション性がないため、初めて履くと不安を感じやすいです。

『サブ3を目指すためにスピードを出せる靴が欲しい方』、『自分の足の感覚でしっかり走りたい方』、『癖のないシューズ・高いフィット感を求める方』、『とにかく結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓ハンゾーのヒールカウンターは抜群にフィット

MIZUNO/WAVE DUELについて
①超高反発プレート『DUEL PLATE』と反発性の高いミッドソール素材を使用

・『WAVE AERO18』、『DUEL SONIC』でも紹介した、”カーボンプレート”に似たMIZUNO独自の超高反発プレート『DUEL PLATE』を使用しています。非常に硬い樹脂プレートでできており、着地時に安定感を生み、離陸時にはプレートが軽くしなり、身体を前に飛ばす様に次の一歩をすごい力で押し出すようにしてくれます。(『BOOST』や『ZOOM X』や『FUELCELL』よりも反発性は圧倒的に高い・評価で言うと6~7ぐらいのレベル)

・但し、このプレートはデメリットが2つあります。まず、クッション性が落ちること(クッション材の間に入れるのでミッドソールが硬くなる)、次に離陸時にかかる負担が大きいこと(高反発を効かせる際にふくらはぎへの負担が出る)の2つです。使いこなせるようになるには、『一定時間がかかる』、『一定以上の脚力(中級者以上)』が必要です。

・『WAVE DUEL』では、更に反発性・スピード感を高めるために、踵部以外のミッドソール素材も軽量で反発性の高い素材を採用しています。<プレートの超高反発>と<ミッドソール素材の反発性>により、サブ3ランナーのスピードを維持・上昇させてくれます。

②しっかり『攻め』ながらも、要所は『守る』を実現した超ハイブリッドなサブ3向けシューズ

・サブ3を目指す走力のあるランナーとは言え、疲れてくるとフォームが乱れ、筋肉や体も疲労し、着地時の衝撃から身を守ることが難しくなることがあります。『WAVE DUEL』は、その場合でもしっかり守れるように、踵にクッション性の高い素材を配合しています。

・また、日本メーカーの強み<ヒールカウンターによる踵の安定感>と<シャンク(変わりにDUEL PLATE)による身体の捻れを防ぐ安定感>は健在です。全体的にクッション性は低く、硬く感じますが、安定感は高いでしょう。

『サブ3を目指すためにスピードを出せる靴が欲しい方』、『超高反発を活かして、とにかくスピードを求めたい方』、『最低限の守る機能が欲しい方』『とにかく結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓DUELプレートによる超高反発(全面に内蔵)

ADIDAS/ADIZERO TAKUMI SEN6について
①クッション・高反発・軽量のBOOSTの強みが一番活きる設計はコレ!!

・何度も説明したとおりですが、クッション反発タイプの最高峰素材が『BOOST』です。安定性はないものの、ここまでの高いクッション性と反発性があり、軽量である素材はBOOSTが最高峰と言っていいでしょう。

『ADIZERO TAKUMI SEN6』は、前足部にのみ【BOOST】を配置し、中足部から踵は軽量反発素材を使用しています。【BOOST】を踵から土踏まずに配置しないことで、着地時の衝撃吸収力は減るものの、安定感が増します。そして、そのままブレずに体重移動ができ、最期、前足部で蹴り出し時にBOOSTの反発で次への一歩を大きく稼ぐことが可能です。

②徹底的に『攻め』を追求しまくったサブ3(~2.5)向けシューズ

スピードを出すことに特化させたモデルが『ADIZERO TAKUMI SEN6』です。サブ2.5(フルマラソン2時間30分程度)も狙える靴です。

・今回紹介した4つのモデルの中で最もクッション性が低いですが、その分、軽量化ができ、少しでもスピートを出しやすいようにしています。また、アッパーをかなり薄くして、軽量化もはかっています。

・更に、アウトソールのグリップを全面に配置したことで、あらゆる接地シーンでの蹴り出しが可能になっています。

③足が着地してから抜けるまでのスムーズな流れ・ライディングを実現

『HANZO R』と同じように、低ドロップ設計です。(低ドロップについては⇒https://hashiribito-sodo.com/shoes-select4をご覧下さい)低ドロップにすることで、足が着いてから抜けるまでの流れを非常にスピーディにできます。自然にスピードを出しやすモデルと言えます。但し、あまりクッション性がないため、初めて履くと不安を感じやすいです。

『サブ3(それ以上)を目指すために徹底的にスピードを出せる靴が欲しい方』、『リスク回避はいいから、とにかくスピードを求めたい方』、『とにかく結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓前足部のみBOOST素材を配置、グリップも特徴的

3.主要モデルの相関図

言葉だけになってしまいましたので、わかりやすく【主要4モデルの相関図】を下記に記載させて頂きます!!

また、よりわかりやすくするために、前回【レーシングトレーニング編:②サブ3.5向け】で紹介したモデルの中で、サブ3に近いシューズ『NB/FUELCELL REBEL』、『MIZUNO/DUEL SONIC』の2足を含めて記載します。

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
なるほどね!サブ3向けと言っても、またそれぞれ違うんだね!でもある程度メーカーによってそれぞれ傾向や特色があるんだね!

是非、一度このイメージを膨らませてから、実際にお店で試履きをしてみてください!!

4.まとめ

以上が、レーシング代表商品4選の比較分類です!!

これまで何度も伝えてきたとおりですが、

それぞれの商品には得意不得意・強み弱みが必ず存在します。「どれが良くて、どれが悪い」という発想ではなく、「どれが自分の目的に合っているか」、「自分はどのカテゴリーから選びたいか」を自分自身で判断することが重要です。それが自分に合ったシューズを選ぶための必須条件です。(『入門編』で伝えてきた内容です)

その上で、前回の『機能編』、今回の『実践編』で学んだ商品単品の知識を活かして頂ければと思います!そうすることで、

【ランニングシューズ戦国時代にどんどん出てくるNEWMODELを理解し、自分の求めるものかを判断できるようになると思います!

そして、信頼できる店員さんとも相談し、自分にあったものを自分自身で決断できるようにしていきまそう!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
そうだね!!!失敗するのはもう嫌だからね!まだ上手くできないかもだけど、少しずつ実践して出来るようにしていくよ!。

大丈夫です!!要領を覚えれば非常に簡単です!!

まずは、今回のレーシング編で紹介した商品で試してみてください!!

それでは、PART5:『ナチュラルカテゴリーの主要モデル比較を知る』に続きます!

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART5: 『ナチュラルの主要...

それでは、各記事をご参考頂き、怪我なく楽しくランニングライフを楽しみましょう!!

はしりびとはブログランキングに参加しています!

いい記事だなと思ったマニアの方は、応援の意味で下記をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする