販売のプロによる『失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>』PART3:レーシングトレーニング編①

こんにちは。

はしりびとです。

【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART3

『レーシングトレーニングの主要モデル比較を知る』その①

を語らせていただきます!

このテーマは、全7PARTで語らせていただきます!

概要は↓の記事を読んでみてください。

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】 を語らせていただきます! ...

1.はじめに

今回のテーマ【実践編】の冒頭にて、クッショニング>、<トレーニング>、<レーシングトレーニング>、<レーシング>、<ナチュラル>、<ベアフット>、<厚底カーボン>の7つのカテゴリーの主要モデルを紹介しました。当然紹介をした分で全モデルではありませんが、その主要モデルを理解できれば十分違いを理解できるようになります!

前回は、『トレーニング』の代表商品の比較分類をさせていただきました。

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART2: 『トレーニングの主...

今回は、その7つのカテゴリーの中の1つ『レーシングトレーニングカテゴリー編』です!レーシングトレーニングカテゴリーの代表商品の比較分類をします!

但し、過去にも何度かお伝えしたとおり、現代は【ランニングシューズ戦国時代】です。そして、その戦国時代を代表するカテゴリーが『レーシングトレーニングカテゴリー』と言えます。その為、必然的に代表モデルが豊富になり、より細かい区切りをもった商品が増えてきます。

ですので、PART3のこのカテゴリーは、

『レーシングトレーニングカテゴリー:その①』は、サブ4向け代表モデル(今回)

『レーシングトレーニングカテゴリー:その②』は、サブ3.5向け代表モデル(次回)

として、2回に分けて比較分類を実施することにします。

それでは、今回の『レーシングトレーニングカテゴリー:その①』を始めます。

大会に出る【中級者ランナー~上級者ランナー】、【脱初心者ランナー】のスピード用シューズとして選択する可能性があるカテゴリーです!それ以外のランナー様も知っていて得する情報が入っていますので、是非皆様覚えてもらえればと思います!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
僕にはまだ必要無さそうだけど、スピード練習に使えるタイプも一度見てみることにしよう!

それでは早速、4大機能による比較分類を行い、商品単品の違いを見ていきましょう!!

【機能編】のPART1で説明した『シューズ構成部の名称』、PART2で説明した『9大機能』を用いますので、読み返してからのほうが分かりやすいです!

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<機能編>】PART1: 『ランニングシュー...
こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<機能編>】PART2: 『ランニングシュー...

2.『レーシングトレーニング:①サブ4向け』主要モデルの比較一覧表

先に、『レーシングトレーニングカテゴリー:①サブ4向け』の主要モデルの4大機能による比較一覧表を発表します!!

レーシングトレーニングカテゴリー:サブ4向けの主要モデルの比較一覧表

主要モデル ミッドソール クッション 反発 安定 軽量
ASICS / DS-TRAINER25

FLYTEFOAM ★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

MIZUNO / WAVE AERO18

DUEL PLATE ☆☆☆☆☆

★★★★★

※6,7近い

★★★★★

★★★★★

NIKE / ZOOM PEGASUS TURBO2

 ZOOM X ★★☆☆☆

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★★

NB / FUELCELL PRISM

 FUELCELL ★★★☆☆

★★★★☆

※5に近い

★★★☆☆

★★★★☆

ADIDAS / ADIZERO JAPAN5 BOOST  ★★★★☆

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★☆

主要モデル  ミッドソール クッション 反発 安定 軽量

2.主要モデルの商品単品の違い

では、この5つのモデルを紐解いていこうと思います!!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
よし、今回もしっかり読み込むぞ!!

ASICS/DS-TRAINER25について
①サブ4シューズの定番:バランスに優れた『守るタイプ』のサブ4シューズ

・前回/前々回でも説明した軽量性と自然な履き心地を有する『FLYTEFOAM』をメインで使用。癖がなく、自然に足を守り(クッション性と安定性)、自然にスピード感(反発性)を生み出しやすくできます。万人に合いやすい素材なのです

・サブ4シューズとして、ミッドソールの厚みを削ってはいますが、『FLYTEFOAM』を少し柔らかく改良して搭載したのでクッション性は感じやすいモデルです。ASICSの【履いている人の足を守る】を実現しています。

・『DS-TRAINER25』は、アウトソール中心にシャンクを搭載した【セパレートソール構造】を採用しているため、着地時の身体のねじれを防ぐ安定性はもちろん、軽量・反発性を高められる仕様です。

②ヒールカウンターの安定感とアッパー素材のフィット感

・日本メーカーの強みである日本人の足にフィットしやすい<ヒールカウンター>が、走行時に踵が動かないように固定し、着地時に脚や身体がぶれないように安定させます。

・アッパーは、場所によって編み方を変えているニットアッパーを使用しているので、足全体に吸い付くようなフィット感が、足裏全体がついた際の足ブレ(体のブレ)を抑えるようになっています。

『サブ4を目指したいがまだクッションも欲しい方』『足をしっかり守った上で、軽量なスピードタイプのシューズが欲しい方』はおすすめです。

↓シンプルに見えて工夫の多いモデル

NB/FUELCELL PRISMについて
①高反発と厚底クッションの『守るタイプ』のサブ4シューズ

・前回/前々回説明した通り、10個の主要なミッドソール素材の中でも、反発性と軽量性に特化したのが『FUELCELL』の特徴です。反発性はBOOSTに近い『5』の評価があってもいい素材です。履き心地は少し硬く感じますが、軽く体重を乗せると素材がしなり、強い反発の感覚を感じられます。反面、素材そのものに大きな衝撃吸収性(クッション性)は感じにくいタイプです。

・素材そのもののクッション性(衝撃吸収性)はこのレベルで使われている他素材と比べて平均的ですが、その素材をふんだんに使用して、他社以上に衝撃吸収性を高めようとしているのが『FUELCELL PRISM』の特徴です。(おそらくこのカテゴリーで一番分厚い)

・その為、【パフォーマンスを上げる】という目的が主ではあるものの、【足を守る】という目的に対してもしっかりその性能があると言えます。但し、安定性はそれほど高いとは言えないでしょう。

②反発性を更に活かすつま先の反り返り

・『FUELCELL PROPEL』と同様に、足抜けを良くするために【つま先の反り返り】をつけています。これは、NBのモデルではかなりの確率で採用されている形状で、<スピード感を出す>や<楽に進む>をサポートする機能構造と言えます。

・このクラスの靴としてはクッション性に長けいている方なので、『サブ4を目指したいがまだクッションも欲しい方』『足をある程度は守った上で、それよりも圧倒的な反発・スピード感が欲しい方』にはおすすめです。

↓爪先の反り返りと厚底のクッション反発がポイント

NIKE/ZOOM PEGASUS TURBO2について
①高反発・最軽量の現代最強素材を使用

・おそらく、『ZOOM X』は現在のランニングシューズのミッドソール素材の中で【最も軽量で最も反発性がある素材】と言えるでしょう。クッション性と安定性は削り、とにかく軽量反発を追求した素材です。

②ある程度クッションはありながら、圧倒的に弾む『守りと攻めの中間タイプ』のサブ4シューズ

とにかく軽く、とにかく自然に進む『ZOOM PEGASUS TURBO2』は、ZOOM Xだけでなく他のミッドソール素材(ZOOMXよりもクッション性が少し高いもの)も使用しています。その分、ほんの少しだけ重量は出るものの、クッション性を全くなくしていないのが、サブ4ランナーに使いやすい理由です。(サブ3.5シューズとしても使用できます!)

・但し、『ZOOM PEGASUS TURBO2』は全体的に見て安定性が損なわれている為、ある程度走力に自身のある方が使ったほうが<高反発・最軽量>のZOOMXとの相性はいいと言えるでしょう。

・FUELCELL PRISMと同様に、【パフォーマンスを上げる】という目的が主ではあるものの、【足を守る】という目的に対してもある程度はその性能があると言えるでしょう。但し、安定性はそれほど高いとは言えません。(守るを高めたいのならば、『DS-TRAINER25』、『FUELCELL PRISM』の方が高いでしょう。)

・このクラスの靴として、クッション性が高いわけでもなく低すぎるわけでもありません。ある程度のクッション性はあるので、『サブ4を目指したいがまだクッションも欲しい方』、『圧倒的な反発・スピード感が欲しい方』、『結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓圧倒的な軽量と反発のZOOMX

ADIDAS/ADIZERO JAPAN5について
①クッション・高反発・軽量のBOOSTが活きる『攻めのタイプ』のサブ4シューズ

・前回/前々回も説明したとおり、クッション反発タイプの最高峰素材が『BOOST』です。安定性はないものの、ここまでの高いクッション性と反発性があり、軽量である素材はBOOSTが最高峰と言っていいでしょう。

・『ADIZERO JAPAN5』は、踵部に『BOOST素材』、土踏まず~前側には軽量素材を使用しています。踵部のBOOSTが地面に触れた瞬間に、踵を保護サポートし、なおかつ、前に勝手に押し進むように反発してくれる仕組みです。

・トレーニングカテゴリーのモデル(ADIZEROBOSTON8)よりも、ミッドソールを更に薄くしています。特に、前側(前足部)はより接地感・地面の感覚がわかるように薄くしたことで、蹴り出し時の力伝達がよくなり、スピードを出す走りが出来るようになります。

②BOOSTは薄いほうが、その能力が活かされる

・前回、『BOOST』は厚みが薄くなっても、そのクッション性と反発性は高いレベルで発揮できるような素材であると伝えました。更に薄い分だけ地面の感覚がわかるため自分の足の力で安定感を高めやすいと言えます。

・『ADIZERO JAPAN5』は薄いタイプなので、着地時の接地感があることにより、弱点であった安定感をカバーしやすくなりました。(但し、自身の足で安定させる分、少し脚力を要します。サブ3.5の方でもしっかり履けるタイプ)

『サブ4を目指すためにしっかりスピードを出せる靴が欲しい方』、『自分の足の感覚で走りながらも、前に進めてくれる反発サポートが欲しい方』、『結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

↓踵部はBOOST,それ以外は軽量素材

MIZUNO/WAVE AERO18について
①話題の超高反発プレート『DUEL PLATE』を使用

・【厚底カーボン系カテゴリー】で使用している”カーボンプレート”に似たMIZUNO独自の超高反発プレートが『DUEL PLATE』です。非常に硬い樹脂プレートでできており、着地時に安定感を生み、離陸時にはプレートが軽くしなり、身体を前に飛ばす様に次の一歩をすごい力で押し出すようにしてくれます。(『BOOST』や『ZOOM X』よりも反発性は圧倒的に高い・評価で言うと6~7ぐらいのレベル)

・但し、このプレートはデメリットが2つあります。まず、クッション性がほぼないこと(クッション材の間に入れるのでミッドソールも硬く感じる傾向がある)、次に離陸時にかかる負担が大きいこと(超高反発を効かせる際にふくらはぎへの負担が出る)の2つです。

・使いこなせるようになるには、『一定時間がかかる』、『一定以上の脚力(中級者以上)』が必要です。

②踵部の軽量なクッション素材が、DUEL PLATEの負担を軽減。ハイブリッドな『攻めのタイプ』のサブ4シューズ

『DUEL PLATE』のデメリットである<クッション性のなさ>を軽減するために、踵部に軽量なクッション材を配置しています。PLATEは超高反発と同時に安定性も高いため、『MIZUNO WAVE』のようなクッション安定タイプのような素材を組み合わせるのではなく、シンプルにクッション性が高く柔らかい素材が合うのです。

『WAVE AERO18』は、『超高反発で安定性のあるDUEL PLATE』と『軽量な柔らかいクッション材』を使用しているため、全5モデルの中で、一番クッション・安定・反発・軽量のすべてを高いレベルで実現しているモデルと言えます。(DUELPLATEの超高反発はサブ3.5レベルに最も近い)。但し、『DUEL PLATE』の超高反発は、『使いこなせるようになるには時間がかかる』、『使いこなすにはある一定以上の脚力(中級者以上)が必要』であるため、全5モデルの中でも、履きこなすための時間を一番要するでしょう。

『サブ4を目指すためにしっかりスピードを出せる靴が欲しい方』、『クッション・安定が最低限あり、強力に前に進めてくれる反発サポートが欲しい方(但し慣れる時間必要)』、『結果にこだわりたい方』にはおすすめです。

③ヒールカウンターの安定感とアッパー素材のフィット感

・ASICS同様に、日本メーカーの強みである日本人の足にフィットしやすい<ヒールカウンター>が、走行時に踵が動かないように固定し、着地時に脚や身体がぶれないように安定させます。

・アッパーも、『DS-TRAINER25』と同様に、場所によって編み方を変えているウーブンアッパーを使用しているので、足全体に吸い付くようなフィット感が、足裏全体がついた際の足ブレ(体のブレ)を抑えるようになっています。パフォーマンスアップに優れながらも、【履いている人の足を守る】という目的はしっかり維持されています。

↓DUELプレートによる超高反発(赤枠部に内蔵)

3.主要モデルの相関図

言葉だけになってしまいましたので、わかりやすく【主要5モデルの相関図】を下記に記載させて頂きます!!

また、よりわかりやすくするために、前回【トレーニング編】で紹介したモデルの中でサブ4に近いシューズ『MIZUNO/WAVE SHADOW3』、『ADIDAS/ADIZERO BOSTON8』の2足を含めて記載します。

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
なるほどね!『サブ4.5に近いタイプ』と『サブ3.5に近いタイプ』のサブ4向けレーシングトレーニンシューズがあるってことだね!戦国時代のカテゴリーのシューズは本当に細かいね!でもこれなら、ハッキリとわかるね!

是非、一度このイメージを膨らませてから、実際にお店で試履きをしてみてください!!

4.まとめ

以上が、『レーシングトレーニングカテゴリーその①:サブ4向け』の代表商品5選の比較分類です!!

これまで何度も伝えてきたとおりですが、

それぞれの商品には得意不得意・強み弱みが必ず存在します。「どれが良くて、どれが悪い」という発想ではなく、「どれが自分の目的に合っているか」、「自分はどのカテゴリーから選びたいか」を自分自身で判断することが重要です。それが自分に合ったシューズを選ぶための必須条件です。(『入門編』で伝えてきた内容です)

その上で、前回の『機能編』、今回の『実践編』で学んだ商品単品の知識を活かして頂ければと思います!そうすることで、

【ランニングシューズ戦国時代にどんどん出てくるNEWMODELを理解し、自分の求めるものかを判断できるようになると思います!

そして、信頼できる店員さんとも相談し、自分にあったものを自分自身で決断できるようにしていきまそう!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
そうだね!!!失敗するのはもう嫌だからね!まだ上手くできないかもだけど、少しずつ実践して出来るようにしていくよ!。

大丈夫です!!要領を覚えれば非常に簡単です!!

まずは、今回のレーシングトレーニング編その①で紹介した商品で試してみてください!!

それでは、PART3:『レーシングトレーニングカテゴリーの主要モデル比較を知る』:その②に続きます!

こんにちは。 はしりびとです。 【失敗しないランニングシューズの選び方<実践編>】PART3: 『レーシングトレー...

それでは、各記事をご参考頂き、怪我なく楽しくランニングライフを楽しみましょう!!

はしりびとはブログランキングに参加しています!

いい記事だなと思ったマニアの方は、応援の意味で下記をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする