マルチに使える『BANEインソール』のおすすめモデルご紹介!【販売のプロによるインソール講座 Vol.6】

こんにちは。

はしりびとです。

今回のテーマは、

『シューズの中に入れるインソール(中敷)!』

第6回は、

【おすすめのアーチサポートインソール・BANE編】

について語ろうと思います!

※このテーマはシリーズで語らせていただきます!各回は下記をチェック↓

作成中

1.BANEについて(過去のおさらい)

まず、以前お伝えした『BANEインソール』についてを改めてまとめます!

BANEインソールについて”

BANEインソールについて

日本生まれのインソールブランドです!日本メーカーだからこそできる強み”日本人の足型”を徹底的に研究し、日本人に合うインソール作成に向けてテストを繰り返して開発されたのがバネインソールです!今なおテスト&レスポンスを繰り返して、日本人の足に合うアーチサポートインソール作りをしています!

『SIDAS』ほどインソールの種類はありませんが、同様に「スポーツ」や「ライフスタイル」など用途に合わせたインソールを作成しています!特徴は、1つの種類で複数の用途に使えるインソールを作っている点です。『SIDAS』ほどの1つ1つの個性はありませんが、1つの種類における汎用性は高いと言えます!(※SIDASも1つで複数用途は使えますが、出来るなら分けたほうがいいという考え方)

BANEインソールの特徴

・1種類で複数用途に使える(多様なスポーツで使える)

・幅広めのヒールカップとアーチサポート(幅広の型に合いやすい)

・アーチサポートやヒールカップの高さが深い(固定感欲しい方に良い)

・左右にブレにくい(安定感が高い)

※詳しいブランドの特徴は下記記事にまとめております!

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 『シューズの中に入れるインソール(中敷)!』 第4...

HAYASAさん(ベテランランナー)
HAYASAさん(ベテランランナー)
そうそう!「1種類で多彩な用途」、「固定感のあるサポート」、「左右ブレしにくい」がポイントだったよね!

今回は、そのBANEインソールの中から、ランニングにおすすめしたいBANEインソールを3つご紹介します!市場に出回るほとんどのモデルを使用体感したので、その中から厳選しています!是非、インソール選びの参考にしてみてください!

2.ベーシック

1つ目は、BANEインソールのスタンダードモデル『ベーシックというモデルです!BANEインソールの特徴である「1種類で多彩な用途」、「固定感のあるサポート」、「左右ブレしにくい」を体現したモデルです!

【特徴】

①ガッチリとホールドするプレート&カップ

上記の通りで、少し硬めのアーチサポート部のプレートが土踏まずをがっちり支えるす設計になっています!また、ヒールカップも深く硬めのプレートなので、足が左右ブレするのをしっかり抑制してくれます!とにかくガッチリと支えてくれるサポートが欲しい方には最適でしょう!

反面、硬すぎることによる”圧迫感”を感じることがあります。その為、少し馴染むまでに期間がかかりますが、馴染めばほとんどのアーチサポートインソールよりも「支え」と「ホールド」を感じて使用することができるでしょう!(【SIDAS/ラン3Dプロテクト】と同様に使用する毎に”足”と”インソール”が馴染むので、少しずつ慣らすことがポイントです)

②ウェイトのある人、幅広の人におすすめ

BANEの特徴の1つは「幅広の設計」です!アーチサポート部やヒールカップ部は、多くのモデルよりも幅広く作られているので、足幅が3Eや4Eの方は【BANE/ベーシック】が合いやすいと言えるでしょう!(4Eの靴などにはBANEじゃないと合わないものもけっこうあります)

また、プレートが硬いことにより、ウェイト(体重)がある人の足元をしっかりと支えられるのも特徴です。アーチサポートインソールは、”従来のインソール”や”クッションインソール”と比べて硬さがあるのが特徴ですが、モデルによりその硬度は異なります。当然ウェイトのある人の方が、足元にかかる負担は大きく、よりしっかりした硬さの支えが必要になります。この【BANE/ベーシック】は、ウェイトのある人の要求にしっかりと答えてくれるモデルです!

【おすすめな人】

・ガッチリと支えてくれるサポートが欲しい人

・硬くてもいいからとにかく支えたい人

・幅広(3E,4E)の人やウェイト(体重)のある人

・いろんな用途に使いたい人

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
なるほど!とにかく支えが欲しい人は『BANE/ベーシック』がいいんだね!わたしの知り合いが幅広だから紹介してあげよう!

3.ベーシック7

2つ目は、良い意味でBANEらしさを抑えた『ベーシック7』というモデルです!BANEの従来モデルは固定感の強さは抜群だったものの、”フィット感が変わってしまう”、”自然な履き心地ではなくなる”という欠点がありました。それを解決したモデルです!

【特徴】

①ベーシックより薄いが支えはしっかり

BANE/ベーシック7】は、先述のベーシックと比べて、「インソールの厚さ」「アーチサポート部やヒールカップの高さ」を70%にしたモデルです。そうすることで、”フィット感が変わってしまう”、”自然な履き心地ではなくなる”という欠点を克服しています。また、サイズ感に余裕のある「クッショニングシューズ」はもちろん、【ベーシック】では使えなかった「レーシングシューズまで」使用することができるようになりました。

【ベーシック7】は、ベーシックと比べて浅くなった分、”がっちり支える機能”や”左右のブレを抑える機能”は弱くなっています。ですが、元々プレートの硬さがある【BANEブランド】ですので、多少浅くなってもランナーの足元をしっかりと支えることはできます。

「サブ4向けシューズ(またはそれ以上)などに入れたい方で、サポートを強く欲しい方」は、BANE/ベーシック7がおすすめです!(【SIDAS/ラン3Dセンス】に近い用途ですが、【ベーシック7】の方がより硬めのサポートというイメージです)

②低ドロップ系シューズ対応モデル

ランニングシューズで高低差の少ない【低ドロップ系シューズ】が増えています。低ドロップにすることで、人間本来の「自然な着地」や「自然なフォーム」が身につきやすいと言われており、使用するランナーも増えています。

その【低ドロップ系シューズ】と【アーチサポートインソール】は、あまり相性がよくないと言われていました。というのも、多くのアーチサポートインソールが「高ドロップ」だからです。「アーチサポートインソールを入れると低ドロップシューズの良さを消してしまう」ということです。

ですが、【BANE/ベーシック7】は、踵・拇趾球・小趾球の3点の厚みが同じである「0mmドロップインソール」です。支えやバランスサポートは欲しいものの、上記理由で入れることに抵抗のある方が多かったのですが、【BANE/ベーシック7】なら低ドロップシューズで併用することができるのです!

【おすすめな人】

・フィット感と強いサポートを両立したい人

・レーシング系でもしっかり支えが欲しい人

・低ドロップシューズにサポートを入れたい人

・いろんな用途に使いたい人

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
なるほど!【ベーシック7】ってすごく使い勝手が良さそうだね!レーシング系でもしっかり支えられるのは「SIDAS」でもなかったよね!

4.アスリートグリップシリーズ

上記にて、【ベーシック】と【ベーシック7】の2つをおすすめモデルとして紹介しましたが、それぞれには「グリップ力」を高くしたモデルが存在します。

それは、【アスリートグリップ】、【アスリートグリップ7】というモデルです。

↓アスリートグリップ

・【ベーシック】の高グリップモデル

・プレートが更に硬めになっている

・競技スポーツ向けだがグリップが欲しいランナーもOK

↓アスリートグリップ7

・【ベーシック7】の高グリップモデル

・プレートがほんの少し硬めになっている

・競技スポーツ向けだがグリップが欲しいランナーもOK

バネインソールの中古/未使用品を探そう! - メルカリ

グリップが効きやすいのは良い点ですが、長時間のマラソンになると表面のグリップ素材に水分がたまり”濡れ感”が残ってしまうことがあります。濡れ感は、水ぶくれ・マメ発生の原因にもなりますので、使用する際は様子を見ながら使うことをおすすめします!

とはいえ、グリップが効く素材はスピードを出しやすいというメリットもあるので、ご自身の状態に合わせて使ってみてください!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
グリップ力があるって一概にいいわけでもないんだね!短距離や瞬発系スポーツだと良さそうだね!

5.まとめ

以上が、

第6回:【おすすめのアーチサポートインソール・BANE編】

となります。

改めてまとめます!

指・チェックのイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

BANEインソールのおすすめモデル”
①ベーシック

・ガッチリと固定し支える機能が極めて高いモデル

・左右のブレをしっかりと抑えられる

・幅広(3E,4E)の人やウェイト(体重)のある人に合う

・いろんな用途に使いたい人におすすめ

②ベーシック7

・フィット感と強いサポートを両立できるモデル

・レーシング系でも違和感なく使用でき、支えもしっかり効く

・0mmドロップなので、低ドロップSHにも合う

・いろんな用途に使いたい人におすすめ

BANEはSIDASと比べて、どのモデルもしっかりと支えが効くというのが特徴なんだね!「サポート&動きやすさ」ならSIDAS、「サポート&ホールド」ならBANEと言えそうだね!

是非今回の記事を活かしていただき、インソール選びにお役立てください!!

それでは、第7回:【おすすめのアーチサポートインソール・フットクラフト編】に続きます!

こんにちは。 はしりびとです。 今回のテーマは、 『シューズの中に入れるインソール(中敷)!』 第7...

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする