ベアフットシューズおすすめ単品レポ①:『MERRELL ベイパーグローブ4』

こんにちは。

はしりびとです。

今回は、シューズの【GEAR語り】をしようと思います!

わたしが体感した『べアフットシューズ』の中から本当におすすめできる逸品・第1弾

をしっかり深く語らせていただきます。

今回語らせていただくGEAR逸品はコチラ!!

MERRELL:ベイパーグローブ4

【ブランドについて】 メレルは、1981年にアメリカで生まれた歴史あるアウトドアブランドです。アメリカで支持されている3大フットウェアブランドの一つがこのメレルです。代表的な商品として、スリッポン形状でありながら抜群のフィット感とクッション性を誇る「ジャングルモック」、昨今フェスで大人気のトレッキングSH「カメレオン」があります。

【ベイパーグローブ4の簡単エピソード】 最近わたしが一番履いているベアフットシューズです。様々なベアフットシューズを履きましたが、オールシーズン使えて、普段のファッションにも履けるベアフットシューズとしてこれ以上のものはないと思っています!これを履きつぶしたら、必ずまた同じものを買うくらい変えがきかないですね。

メレル MERRELL メンズ ベイパー グローブ4 MNS VAPOR GLOVE 4 日本製 スニーカー 靴 BLACK ブラック系 (50395)

価格:9,900円
(2020/6/17 22:40時点)
感想(0件)

【サイズ交換無料】メレル MERRELL メンズ ベイパー グローブ4 MNS VAPOR GLOVE 4 ジム トレーニングシューズ スニーカー 靴 MONUMENT グレー系 (50403 SS19)

価格:9,900円
(2020/6/17 22:45時点)
感想(0件)

GEAR語りでは、現役のプロ販売員として、ランナーとして下記を抑えて、わかりやすく誠実にお伝えできるように努めます!

ギア語りの約束
約束①: 実体感に基づくエピソードを語ります

販売員・商品アナライザー・ランナーとして、市場に出回るようなシューズはほとんど履いて体感していますので実体感を語れます!

約束②: 同類商品との比較を語ります

様々なシューズを知り履いているからこそ、似たようなシューズだけど実は異なる特徴を持っているということをお伝えしていきます!

約束③: デメリット(注意点)を語ります

メーカーはいいことしか書きませんので、デメリット(注意点)もしっかり語っていきます!

それでは、お付き合いよろしくお願いいたしいます!

1.しっかり地面の感覚が伝わるベアフットシューズ

数あるベアフットシューズの中でも、ベイパーグローブ4はトップクラスにミッドソールの厚み(よく皆様がクッションというところ)が少ないです。早速、下の写真を見てみましょう。

↓ベイパーグローブ4のソールの厚み

一般的なランニングシューズのミッドソールの厚さは、初心者向けとして発売されているもので35mm程度(踵部の厚み)、上級者向けとして発売されているもので20mm程度(踵部の厚み)です。一方で、ベアフットシューズの一般的な厚さは10mm以下という傾向にあります。裸足は、ミッドソール0mmという考え方ができますので、当然0mmに近いほど裸足感覚が得られるということになります。

↓一般的なランニングシューズと比較するとこんなに違います

さて、ベイパーグローブ4の厚みはというと、

なんと4mm!!!! 薄っ!!

すごい薄いんだね!!ほぼ裸足と同じだね!!

ベアフットシューズ界を代表する番長シューズや紹介しているおすすめ達と比較しても、

・Vibram 5 fingers(代表モデル:KMDスポーツ) →4mm

・LUNAサンダル(代表モデル:Origenフラコ) →10mm(トレイル仕様)

・XEROSHOES ジェネシス →5mm

・KINEYA Toe-Bi →3mm

まさに裸足感覚シューズ!

「Vibram5fingers』と同様に、アウトソール(シューズ底面)はVibramソール(※1)になっていますので、薄いけど削れにくく耐久性はしっかり保証できます!

実際、800kmくらい使って走ったり普段履きしたりしていますが、アウトソールが削れてミッドソールが見えてきてということはありませんでした。ただ、グリップはけっこう削れてありません。ちょっとしたトレイル(砂利道や林道)などでの使用でグリップを重視される方は少し早目の交換が必要になりますね!また、本格的なトレイル(山道・トレイルラン)での使用は【怪我なく楽しくという目線】的にリスクがあるのでおすすめしません。

本格的なトレイルで使用したい場合は、『LUNAサンダル Origenフラコ』を使うことをおすすめします。↓

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、シューズの【GEAR語り】をしようと思います! わたしが体感した『べアフッ...

※耐久性は、あくまで私の使用感です。使用されているお客様と話していると500~600km程度でアッパー(シューズ全体覆うメッシュ部)が破れたという声も多いです。

実際使ってみるとわかると思いますが、薄く感じるもののインナーソールにわずかなクッション性があるので、慣れてきたら普段履きで長時間履いても心地よくなってくると思います。とはいえ、4mmとトップクラスに薄いので、油断は禁物です!個人的には、一番使い勝手がいいモデルと思っています!

用語解説
※1:ソール専門のメーカー【Vibram社】が製造しているソールのこと。優れた耐久性とグリップ性があり、様々なメーカーがVibram社のソールを採用し自社商品を作っています。

2.『見た目』的にもオールシーズンで履ける

ベイパーグローブ4の良さは、地面の感覚を甘えることなくしっかりと感じられながらも、ランニングシーンだけでなく普段にも使えるという点が挙げられると思います。そして、オールシーズン使えるというのもメリットですね。

店頭に来られるお客様からも、『Vibram5fingersやKINEYA足袋ってすごくいいんだけど普段恥ずかしくて履けないんだよね』、『LUNAサンダルやXEROSHOESって冬時期には寒くて履けないんだよね』というお声がすごく多いんです!

ベイパーグローブ4は、

質の高い裸足感覚ながら、オールシーズン使用で普段も履ける

という大きなメリットがあります!これ本当に重要なんです!

むかし、Vibram5fingersで電車通勤していた時、乗客の方々にめちゃくちゃ見られていた記憶があります。当時、まだVibram5fingersくらいしかベアフット商品が市場になくて(当時LUNAサンダルはなかなか手に入らなかった)、なるべくベアフット時間を増やしたかったので仕方なく(笑)。やっとシューズ型が出来た時には速攻買いましたね(笑)
HAYASAさん(ベテランランナー)
HAYASAさん(ベテランランナー)
わたしも通勤でけっこう歩くから、この通勤での使用を試してみようかな!

見た目的にいいので、以前記事でも書かせていただいたベアフット初期の練習方法である『ながら歩き』にも最適ですよ!!(詳しくはコチラの記事↓)

こんにちは。 はしりびとです。 今回の記事は、前回からのテーマである ランナーすべての方に知っていて欲しい、わたし...

3.ベアフットの中では低価格!しかも普段履ける!

コレ、結構ありがたいんですよね!

各社の価格設定は下記のとおりです(税抜き・元値価格で記載)

・Vibram 5 fingers(代表モデル:KMD スポーツ) → ¥16,800 

・LUNAサンダル(代表モデル:Origenフラコ) → ¥13,000

・XEROSHOES ジェネシス → ¥5,800

・KINEYA Toe-Bi → ¥11,000

・MERRELL ベイパーグローブ4 → ¥10,000

ベアフットシューズので中では安い方なんです!

普段履きも出来るなら活躍シーンが最も多い!

それでこの高付加価値なら絶対もってるほうがいいです!

ちなみに、他にも出ている様々なベアフットシューズと比べても安い方なんですよ!!

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
はじめて試すにはちょうどいい値段だね!でも、ベアフットシューズって結構値段するんだね?!

そう、そもそもなんでベアフットシューズってこんなに高いんだ?!て思いませんか?『分厚いソールもないし、機能もほぼないんだから安く作れるんじゃないの?』、『メーカーさんが儲けてるんじゃないの?!』って思いませんか?

コレ、実は全く逆なんです!!

むしろ、お金がかかる!そして儲かりません!!笑

ベアフットシューズは、

・薄いソールだが耐久性を維持しないといけない

・耐久性を高めながらも軽くしないといけない

・これらを守るために高い質の素材や製造手間がかかる

こういったことを製造時に考えられているんです。

クッションのあるシューズより、たくさんの手間日間が加わる為コストはかさむんです!

メーカーさんありがとう!!!(笑)

4.ベイパーグローブ4の注意点

ベイパーグローブ4を使用する際のの注意点があります。それは、

ソールが薄いがゆえに強度の高い練習は避けること。

ベアフット経験者でも最初は身体の状態を見ながら使うこと。

です。

ASHITOくん(初心者ランナー)
ASHITOくん(初心者ランナー)
これはしっかり覚えておかなくちゃ!

4mmという薄さが、メリット(裸足感覚力が高い)にもデメリット(高負荷)にもなるということです。ですので、特に初めのうちは自分お身体の反応に注意しながら、使用するようにしましょう!

そして、できる限り安全に使用するためにも、

従来のランニングシューズとの併用で怪我リスク回避

をしていきましょう!!

5.まとめ

どうでしたでしょうか?!

MERRELLベイパーグローブ4のポイントや良さが伝わりましたでしょうか?

伝わったならば幸いです!

改めて、ポイントを下記にまとめさせていただきます!

ベイパーグローブ4のおすすめポイント
1.しっかり地面の感覚が伝わるベアフットシューズである。

代表的なベアフットシューズである【Vibram5fingers】や【LUNAサンダル】と遜色はないかそれ以上に地面の感覚はわかります。しかも、耐久性もあるVibramソールだから長く使えます。

2.オールシーズン使え、普段使用しやすい

おすすめの中では唯一の普通のシューズ型なので、ランニング~ファッションまで使えるのが魅力です。しかもオールシーズン使えるのも魅力で、数あるベアフットシューズの中で一番使い勝手がいいです。

3.ベアフットの中では低価格で、しかも普段履ける

初めてベアフットシューズを買われる方にもお求めやすい良心的な価格です。普段履きもできるので最も活躍することが多いです。

使用する際の注意するポイントは、

ソールが薄いがゆえに強度の高い練習は避けること

ベアフット経験者でも最初は身体の状態を見ながら使うこと

の2点となります。

そして、できる限り安全に使用するためにも、

従来のランニングシューズとの併用で怪我リスク回避

をしていきましょう!!

早速、MERRELLベイパーグローブ4を手にして、究極のベアフットランニングにチャレンジしてみてください!!↓をチェック!

メレル MERRELL メンズ ベイパー グローブ4 MNS VAPOR GLOVE 4 日本製 スニーカー 靴 BLACK ブラック系 (50395)

価格:9,900円
(2020/6/17 22:40時点)
感想(0件)

【サイズ交換無料】メレル MERRELL メンズ ベイパー グローブ4 MNS VAPOR GLOVE 4 ジム トレーニングシューズ スニーカー 靴 MONUMENT グレー系 (50403 SS19)

価格:9,900円
(2020/6/17 22:45時点)
感想(0件)

それでは、怪我なく楽しくランニングライフを楽しみましょう!!

はしりびとはブログランキングに参加しています!

いい記事だなと思ったマニアの方は、応援の意味で下記をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする