トレランシューズの大定番!『HOKA ONE ONE/スピードゴート5』がアップデート!

シェアする


こんにちは。

はしりびとです。

今回は、今年の春に発売された【トレランシューズ】について語ろうと思います!

トレラン初心者~上級者まで使える!

クッションと安定が両立されたモデル!

しっかり止まる安心のグリップ力!

迷ったらコレを買えば間違いなし!

『HOKA ONE ONE/スピードゴート5』

を大分解します!!

『迷ったらコレを買えば間違いなし』ってホント凄いモデルなんだね!HOKAって最近話題の厚底のシューズだよね?

そうです!

もはや説明不要のブランドにすらなりつつある【HOKA ONE ONE】は、2009年にフランスで誕生したブランドで昨今の軽量クッション・厚底ブームを巻き起こした元祖ブランドと言っていいでしょう!

その特徴は、《類を見ない厚さのミッドソールで、マシュマロクッションと例えられるように”柔らかいクッション性”と”驚くほどの軽量性”》と言えます!

そんな【HOKA ONE ONE】のシューズを今多くのランナーが使用するようになっておりますが、実はそのシューズ開発はトレランシューズから始まっています。

元々はトップトレイルランナーだった開発者が、

「どうすればトレイルの長い距離を楽に走れるか?」

「どうすれば下りの負担を少なく走れるか?」

というトレランにおけるよくある悩みを解決するシューズを作りたいというところから始まっています!

その悩み解決に向けて多くのトレランシューズが生まれてきたのですが、その中でも多くのランナーから素晴らしいと言わしめた1足が今回紹介する『スピードゴートシリーズ』です!

『スピードゴートシリーズ』を履いた方からのコメントでは、

クッションがあるから長い距離がめっちゃ楽!

これ以外を履くと膝にきそうで怖くて変えられない!

グリップがめちゃくちゃ効くから下りも安心!

HOKAのトレランシューズの中でこれがベスト!

初心者だけどコレを買ってよかったです!

初めての100km,これを履いて完走しました!これを履いていてよかったです!

などなど、評判はすこぶる高いシューズです!

そんな凄いモデルなんだね!今回の『スピードゴート5』について詳しく教えてください!

それでは、『HOKA ONE ONE/スピードゴート5』というモデルを詳しく解説していきます!!

スピードゴート5はトレラン初心者~長距離を走る中上級者までオールラウンドに活躍

以前紹介したトレランシューズ【総合チャート表】で、どこに『スピードゴート5』が入るかを説明します!

↓チャート表上での立ち位置

※下記のPDFファイルをダウンロードしてもらえれば、綺麗に見られます!

2021-22トレランチャート表

主な、使用者は下記になります!!

『スピードゴート5』の使用者
<おすすめレベル>

・入門者、初心者

※これからトレランを始める方

※トレランを始めて間もない方

<距離別区分>

・入門者/初心者のショート(~40km)

・脱初心者のショート~ミドル(~80km)

・中級者/上級者ミドル~ロング(80km~)

※特に100km~100mileの超ロングに強い

それでは、細かくみていきます!!

スピードゴート5の機能性スペック

・重量:291g(27.0cm) ※前作から15g軽量化

・ミッドソール厚み:前足部/29mm・踵部33mm ※前作から1mm厚さが増した

・ドロップ(前後差):4mm ※前作同様

・ラグの深さ:5mm ※前作同様

・アッパー:エンジニアードメッシュ ※前作からのアップデート

・ミッドソール:高反発コンプレッションEVA ※前作から反発性アップ

・グリップ:ビブラムメガグリップ ※前作と比べて若干軽量のものを使用

スピードゴート5の機能評価

「スピードゴート5」は、ポイントが2つの特徴に集約されますので、是非参考にしてみてください!

①変化したミッドソールにより、クッション性と推進力が向上!

『スピードゴート5』を履いてまず始めに感じるのは、何と言っても《クッション性の高さ》です!マシュマロクッションと言われる通り、フラットな局面や下りの局面などでしっかりと衝撃緩衝してくれるのを感じられます!また、長い距離を走っても筋肉への疲労を緩和してくれます!

また、前作のユーザーに対しても、『スピードゴート5』は前作からミッドソール全体の厚みが1mm増していることにより、クッション性を高くなったと感じてもらえると思います!

「たった1mmで変わるの?!」と思われるかもしれませんが、クッションにおける1mmの違いは結構変わります!トレイルランは、下りの着地衝撃が体重の7,8倍と言われていますので、この少しの差が身体へのダメージ(筋肉疲労や関節負荷)を抑えてくれます!

更に、今作はミッドソール素材に変化も加えています。従来の「コンプレッションEVA」という素材から、「高反発コンプレッションEVA」に変更することにより、着地してから前に推し進めてくれる機能がより自然になった感覚(違和感が少なくなった感覚)があります!

これまでは、爪先と踵が反り返った「ロッカー構造」という設計が、着地してから前に身体を押し進めてくれる役割を主に担っていましたが、その前に押し進める感覚が結構キツイ(前に前に身体が突っ込みやすくなる)という感じがありました。それが少し違和感であり、ゆったりしたペースを刻みにくい感じがありました。(ダメだったわけではありません)

今作でもその「ロッカー構造」自体は変わっていませんが、その推し進める感覚が少し緩やかになったように感じます!その分推進力が減ったというわけではなく、アップデートしたミッドソールが程よい反発を生んでくれることで、推進力を落とすことなく自然な乗り心地を作ってくれるようになったという感じです!つまり、無理に進められるという感覚がない分、走行時のストレス・長時間使用でのストレスが軽くなった印象があります!

※ロッカー構造が緩やかになった感じる理由として、ミッドソールの柔軟性(屈曲性)が上がったことが考えられます。足の動きに対してミッドソールが曲がってくれるようになったので、そう感じられるようになったと思います。

高いクッション性がありながら、自然な推進力を生んでくれる『スピードゴート5』の機能は、【トレイル初心者】【エントリーの方】はもちろん、【ミドルレンジ(~80km)を走る中級者】【ロングレンジ(~100mile)を走る上級者】までとても有難い機能と言えます!

まだ履いたことのない方は、是非試履きをすることをお勧めします!

②進化したグリップにより、滑らない安心感と耐久性が向上!

【HOKA ONE ONE】のユーザーの方から受ける悩みとして、《グリップ力の弱さ》と《耐久性が短い》をよく聞きます。これはロードモデルでもトレイルモデルでも両方で良く聞かれる悩みです。クッション性と軽量性を極限まで高めているからこその弱点ではあるのですが、出来ればこの両方を解決したいのが本音だと思います。

なんと『スピードゴートシリーズ(5を含む)』は、この2つの悩み(グリップの弱さと耐久性のなさ)を解決してくれています!

アウトソールに「ビブラムメガグリップ」というグリップ素材を採用することにより、若干重たくはなるものの、あらゆる路面で滑りにくい《しっかりとしたグリップ力》と、数100km走っても削れにくい《長く使える耐久性》を実現してくれています!【HOKA ONE ONE】の弱点と言われたグリップ機能が解決され、『スピードゴートシリーズ』は本当に多くの方に愛されるモデルになりました!

今作『スピードゴート5』も、当然「ビブラムメガグリップ」を採用しているのですが、そのグリップに更なる改良を加えています!

1つ目の改良が、《ライトベース仕様になり軽量化された点》です!簡単に言うと、これまでのメガグリップよりも軽くしたタイプを使用しているということです!

また、先程「ビブラムメガグリップを使用したことで重くなった」と書きましたが、『スピードゴート5』はメガグリップの採用で重たくなったシューズを軽くするためのアプローチをいくつかしています。代表的なものだと、「アッパー素材を軽くした」「ミッドソール素材を軽くした」の2つです。

その結果、重量自体は前作より15gも軽くなったうえで、グリップの効きも耐久性も変わらない(またはそれより向上している)ように仕上がっています!

2つ目の改良が、《グリップデザインの変更により耐久性と効きが増した点》です!

下の写真を見て頂くとわかりますが、今作『スピードゴート5』のグリップは、前作『スピードゴート4』と比べて細かい段差が付いているのがわかると思います。

の細かい段差があることにより、地面を踏み込んだ後にもグリップを効かせるようになり、滑らなくなっています!特に、「ぬかるんだ路面(水分を多く含んだ土)」などでの適応性が上がっている印象があります!

また、2段階でグリップを効かせられるようになった分、削れにくくなった感じもあります!(もし削れてきたとしても、2段階目があるのでグリップ力が維持されやすい)形状にも変化を加えている点も耐久性が上がった要因の1つと言えるでしょう!

【HOKA ONE ONE】のシューズの唯一の弱点と言われた耐久性に対してもしっかりと対策が施された『スピードゴート5』は、本当にあらゆるトレイルランナーにとって重宝できる1足だと思います!

個人的には、トレイルランを続ける方であれば1足は必ず持っていた方がいいと思います!是非ご検討ください!

まとめ

どうでしたでしょうか?!

『HOKA ONE ONE/スピードゴート5』の特徴が伝わったでしょうか?

簡単にまとめると、

①初級者~上級者まで履けるハイブリッドなトレランシューズ(トレランデビューに最適、ミドル~ロングを走る中上級者にも最適)

②HOKAの代名詞「軽量・クッション」の機能がより高まっている(長時間走行や下り走行時のダメージを軽減)

③新ミッドソール素材により、「自然な履き心地」「自然な推進力」を感じられるようになった(違和感の少ないナチュラルな履き心地)

④グリップの進化により、「耐久性が向上」「グリップの効きが向上」を実現している(より安心して履けるようになった)

⑤1人1足は持っていて損がないトレランシューズ

となります!

ず~~っと使える1足なんだね!!これは早速試しに行かないと!!

今回の記事を参考にしていただき、自分のレベルに合ったもの・必要なものを選ぶための材料にしてみてください!

★『HOKA ONE ONE/スピードゴート5』をお探しの方はコチラ!

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村