フォーム矯正にいい!『DESCENT/GENTEN ST』は練習で取り入れて欲しい! 販売のプロによる商品レビュー

こんにちは。

はしりびとです。

今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います!

市場デビューからちょうど1年!!

2019年11月に発売されたランニングシューズ

DESCENTの”GENTEN3部作”の1つ

『DESCENT/GENTEN ST』

を大分解します!!

※前回の『GENTEN  EL』『GENTEN RC』の記事の続きです!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...
こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

フォーム改善に役立つモデル!!!!

『GENTENシリーズ』は、良くも悪くも、今のシューズ作りとは一線を画すと思います!

”古き時代の良き特徴”と”新しい時代の考え方”をMIXさせています!

どうも新しいブランドは歴史がないからね~~。とりあえず、どんなもんか読んでみるか!!!

それでは、『DESCENT/GENTEN ST』を解説していきます!!

1.『GENTEN ST』はどのレベルの靴か?!

以前紹介したランニングシューズ【総合チャート表2019-20】で、どこに『GENTEN-ST』が入るかを説明します!

↓チャート表上の立ち位置

※下記のPDFファイルをダウンロードしてもらえれば、綺麗に見られます!

総合チャート表2019-20

主な、使用者は下記のような方になります!!

『GENTEN ST』の使用者
<おすすめレベル> ※1足選ぶならこの方法

・中級者ランナー(サブ4~3.5目標)

<用途別の使用者> ※使いわけするならこの方法

・上級者ランナー(サブ3目標)の練習用(ジョグ程度)

・中級者ランナー(サブ4~3.5目標)の通常の練習用、フルM本番用

・脱初心者ランナー(サブ5~4.5目標)のポイント練習用、ハーフM本番用

・初心者ランナー(完走目標)のフォームを意識した練習用(30分程度)

※特にフォームを意識した練習に最適です!!

※チャート表の見方については下記参照

こんにちは。 はしりびとです。 今回は必見です!! 前回までの実践編で行った『全7カテゴリーの代表商品の比較分類』...

それでは、細かくみていきます!!

2.DESCENT/GENTEN ST

GENTENシリーズの中で最も安定性重視!!

フォームを意識した練習にも最適!

・重量:224g

・ドロップタイプ:8mm

【特徴&体感①】シリーズの中でも最も安定性重視!

『GENTEN-ST』は、GENTENシリーズの中で最もミッドソールの厚みがあり、かつ、安定感のあるモデルです!薄いモデルに不安のある方にはおすすめです!(と言っても、一般的にはサブ3.5クラスの薄い部類に入ります)

※ちなみにGENTEN3部作の名称は、EL=エリート、RC=レーシング、ST=スタビリティの略です

まず、アウトソールの中足部には、シリーズで唯一ガッチリとした”シャンク”が付いています!ミッドソールに厚みがでるとどうしても着地時の”ブレ”が起きやすくなり、「走行効率のダウン」と「怪我の発生リスク」を誘発しますが、”シャンク”があることで左右の”ブレ”を抑制しやすくできます!(但し、『GENTEN-RC』や『GENTEN-EL』と比べるとスピード感はだいぶ落ちてしまいます)特に、”シャンク”は、足裏全体に体重が乗った時の”ブレ”を抑える効果が高いので、ゆっくり走るランナーにも有効です!

更に、『GENTEN-ST』は、後述するシリーズ共通機能の【中足部ドロップ】と【踵の高いホールド力】といった機能があることで、着地した瞬間の安定感も高いのです!!つまり、『GENTEN-ST』は、着地した瞬間から足裏全体が乗る瞬間まで、しっかりとランナーの足元支えてくれます!

全カテゴリーとして見たときにミッドソールがやや薄いモデルなので、中級者ランナー(サブ4~3.5目標)に最も向いているタイプですが、脱初級者ランナー(サブ5~4.5目標)の”ポイント練習用”や、初心者ランナー(完走目標)の”30分程度のランニング用”にも最適です!!

【特徴&体感②】前足部まで伸びたシャンクは前足部でも安定!

「GENTEN-STは、着地時から足裏全体に体重が乗った際にも安定する」と書きましたが、実は”前足部”に乗った際にもしっかり安定するようになっています!!

その秘密は、前足部まで薄く伸びた2本の”シャンク”です!これがあることにより、体重が前足部に乗った時でも左右の”ブレ”を抑えるようにできます!但し、その分硬さを感じやすいのであまり各社では採用していません。硬さを感じると、どうしても各社自慢のミッドソール素材の特徴を感じにくくしてしまう為です。また、履き心地の硬さで敬遠されてしまう事も理由として挙げられます。前足部のシャンク機能は、ミッドソール性能に拘らないGENTENシリーズだからこその機能と言えるでしょう!

この2本のシャンクにはもう1つメリットがあります!それは、【進行方向に足が真っ直ぐに抜ける】というメリットです!これが個人的にとてもおすすめできる特徴です!!前足部にシャンクがあることで、左右ブレが起きにくくなり、”足が進行方向に真っ直ぐ抜けられる”ようになったのです!!そして、この感覚で走れることによりフォームの左右ブレも起きにくくなり、安定したフォームとは何かを体感しやすくなりました!これが、個人的には『GENTEN-ST』の一番いいところだと思います!

『GENTEN-ST』は、着地してから足抜けまでのすべてのシーンで安定感を生み、かつ、正しい足抜け方法を記憶させるフォーム修正にも活躍できる1足です!!

【特徴&体感③】まさに原点のシューズ!(GENTENシリーズ共通)

【人間が本来持っているパフォーマンス力(速く走る・怪我をしない)を引き出すことがランニングシューズの原点】というコンセプトである『GENTENシリーズ』は、”ミッドソール素材”のサポート性能には拘らず、圧倒的なフィット感と踵のホールド力で、ランナー本来の走りを引き出すのが特徴です!

詳しくは前々回の『GENTEN-EL』の記事を参照ください!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

【特徴&体感④】新しいドロップの考え方!(GENTENシリーズ共通)

GENTENシリーズすべてに共通するもう1つの特徴は、新しい【中足部ドロップ】という考え方です!踵部と爪先部は、ほぼ斜度のない(0mmに近い)直線にし、中足部のみに段差を付ける【中足部ドロップ】を採用しています。そうすることで、人間本来のランニングフォームを意識しながらも、スピード感を出せるようになっています!

詳しくは前々回の『GENTEN-EL』の記事を参照ください!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

3.まとめ

どうでしたでしょうか?!

『DESCENT/GENTEN ST』の特徴が伝わったでしょうか?

『GENTEN ST』は、ちょっと硬そうだけど安定感はどれよりも高そうだね!フォーム修正にもいいなら試してみようかな!

今回もしっかり走り、何度も試履き・実走した中で感じたレビューになります!

皆様もまずは店頭で試履きし、その特徴を体で感じてみてください!!

そして、今回の記事を参考にしていただき、自分のレベルに合ったもの・必要なものを選ぶための材料にしてみてください!

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする