復刻?!『DESCENT/GENTEN RC』は昔ながらのレーシングシューズ!! 販売のプロによる商品レビュー

こんにちは。

はしりびとです。

今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います!

市場デビューからちょうど1年!!

2019年11月に発売されたランニングシューズ

DESCENTの”GENTEN3部作”の1つ

『DESCENT/GENTEN RC』

を大分解します!!

※前回の『GENTEN  EL』の記事の続きです!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

個人的には是非試して頂きたい一押しモデル!!!!

『GENTENシリーズ』は、良くも悪くも、今のシューズ作りとは一線を画すと思います!

”古き時代の良き特徴”と”新しい時代の考え方”をMIXさせています!

どうも新しいブランドは歴史がないからね~~。とりあえず、どんなもんか読んでみるか!!!

それでは、『DESCENT/GENTEN RC』を解説していきます!!

1.『GENTEN RC』はどのレベルの靴か?!

以前紹介したランニングシューズ【総合チャート表2019-20】で、どこに『GENTEN-RC』が入るかを説明します!

↓チャート表上の立ち位置

※下記のPDFファイルをダウンロードしてもらえれば、綺麗に見られます!

総合チャート表2019-20

主な、使用者は下記のような方になります!!

『GENTEN RC』の使用者
<おすすめレベル> ※1足選ぶならこの方法

・上級者ランナー(サブ3目標)

<用途別の使用者> ※使いわけするならこの方法

・エリートランナー(サブ3以上目標)の練習用

・上級者ランナー(サブ3目標)の本番用、ポイント練習用

・中級者ランナー(サブ4~3.5目標)のスピード練習用、ハーフMの本番用

・脱初心者ランナー(サブ5~4.5目標)のスピード練習用、10kmの本番用

※初心者ランナーは使用はなるべく避けたほうが良い

※チャート表の見方については下記参照

こんにちは。 はしりびとです。 今回は必見です!! 前回までの実践編で行った『全7カテゴリーの代表商品の比較分類』...

それでは、細かくみていきます!!

2.DESCENT/GENTEN RC

20年前の懐かしきレーシングシューズタイプ!!

特徴のなさこそが最大の特徴!

・重量:200g

・ドロップタイプ:8mm

【特徴&体感①】20年前のレーシングシューズのよう!

『GENTEN RC』は、20年前のレーシングシューズのようで、”最低限の機能(軽さとグリップ)”と”フィット感”のみで構成された薄底のレーシングシューズです!

後述しますが、『GENTENシリーズ』はミッドソール性能にはほとんど拘っていません。その為、他のレーシングシューズのような、「薄いながらも衝撃吸収できる”クッション性”」も「薄いながらも推進力を与えてくれるような”反発性”」もほとんどありません。更に、『GENTEN EL』のような高反発を生む”カーボンプレート”も内蔵されていません。『GENTEN ST』のような安定させる”シャンク”も最低限しか入れていません。『GENTEN RC』は、ランニングシューズの”原点”らしく自分本来の脚力パフォーマンスのみで勝負する靴で、「ほぼ何もないレーシングシューズ」です!!

一見良くなさそうにみえますが、これは言い換えると「癖のないレーシングシューズ」と言えます!”クッション”や”反発”の性能は、少なからず地面の感覚を遠ざけてしまいますし、どんなに安定機能を持たせても多少の”ブレ”を発生させてしまいます。この”ブレ”が走行時のエネルギーロスや怪我のリスクに関係してきます。癖のないナチュラルなレーシングにすることで、これらのマイナス要素をとっぱらってくれます!

『GENTEN RC』はクッション性や反発性がないので、脚力を要するレーシングシューズではありますが、しっかり脚力を育てたサブ3を目指す上級ランナーには自分のパフォーマンスをしっかりと発揮できる1足でしょう!!また、脱初心者や中級者のスピード練習用にはとても向いています!一度試してもらいたい1足です!!

【特徴&体感②】最先端を取り入れたグリップ素材

「GENTEN-RCは、20年前のレーシングシューズのよう」と書きましたが、実は時代の最先端の素材を採用しています!!それはアウトソールに【グラフェン】という素材を採用している点です!!これは、DESCENTが取り扱うブランド【inov-8】が最初にトレイルランニングシューズに取り入れた素材で、非常に大きな話題を呼びました。その超話題の素材を『GENTEN-RC』は採用しているのです!(GENTEN-ELも使用)

※2020年11月時点では、【inov-8】と【DESCENT】の2ブランドしか採用していません。

グラフェンとは、2010年にノーベル物理学賞を受賞するに至った素材で、「鉄の200倍の強度を持ちながらも、曲げ伸ばし可能でありながら、薄く軽い」という夢のような素材です。言い換えると、耐久性◎、屈曲性◎、軽量性◎という地球上最強の素材で、アウトソール素材の最高峰と言えます。この最強の素材をアウトソールに使用している『GENTEN-RC』です!

レーシングシューズは【軽量性】が重要です。と同時に、滑らずにしっかり地面に引っかかる【グリップ性】、そしてそれらが摩耗しないようにする【耐久性】が重要と言われています。まさにこれらの要素をすべて押さえたのが”グラフェン”素材であり、『GENTEN-RC』はレーシングシューズの基本「軽量・グリップ・耐久」を最大限まで高めたシューズと言えるでしょう!!

【特徴&体感③】まさに原点のシューズ!(GENTENシリーズ共通)

【人間が本来持っているパフォーマンス力(速く走る・怪我をしない)を引き出すことがランニングシューズの原点】というコンセプトである『GENTENシリーズ』は、”ミッドソール素材”のサポート性能には拘らず、圧倒的なフィット感と踵のホールド力で、ランナー本来の走りを引き出すのが特徴です!

詳しくは前回の『GENTEN-EL』の記事を参照ください!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

【特徴&体感④】新しいドロップの考え方!(GENTENシリーズ共通)

GENTENシリーズすべてに共通するもう1つの特徴は、新しい【中足部ドロップ】という考え方です!踵部と爪先部は、ほぼ斜度のない(0mmに近い)直線にし、中足部のみに段差を付ける【中足部ドロップ】を採用しています。そうすることで、人間本来のランニングフォームを意識しながらも、スピード感を出せるようになっています!

詳しくは前回の『GENTEN-EL』の記事を参照ください!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回は、ロード用ランニングシューズの【GEAR語り】をしようと思います! ...

この『GENTEN-RC』は、特に【中足部ドロップ】によるスムーズは足運びを体感できる1足でしょう!カーボンプレートが入っている『GENTEN-EL』は、高い反発によりスピードに乗る感覚なので、あまり【中足部ドロップ】を感じにくい面もありました。ですが、この『GENTEN-RC』は、まず接地時に踵~中足部全体でしっかり安定させてくれます。そこからは、気づいた瞬間には前足部に体重が乗っている感覚です!れくらい重心移動が速いです!!

相変わらずの薄さなので、脚力を要するところはありますが、しっかり大地を捉えて走れて、癖のないシューズが欲しい方にはおすすめです!!また、ベアフットシューズで練習をされる方の本番用にもおすすめです!

3.まとめ

どうでしたでしょうか?!

『DESCENT/GENTEN RC』の特徴が伝わったでしょうか?

『GENTEN RC』も良さそうだね!私も30年前にランニングシューズしていたけど、こんな薄い靴を履いていた記憶があるな!

今回もしっかり走り、何度も試履き・実走した中で感じたレビューになります!

皆様もまずは店頭で試履きし、その特徴を体で感じてみてください!!

そして、今回の記事を参考にしていただき、自分のレベルに合ったもの・必要なものを選ぶための材料にしてみてください!

↓ブログランキングに参加しています!

『読んだよ!』のポチッとをしていただけるととても嬉しいです!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする