今こそはじめよう!ベアフットランニング!【入門編①】

こんにちは。

はしりびとです。

今回のはしりびと語りテーマは、

ランナーすべての方に知っていてほしい、わたしの人生を変えた【ベアフットランニング】

についてです!その名の通り、裸足ランニング・裸足感覚ランニングのことです!

入門編①では【ベアフットランニングとは?メリット・デメリットは?】について語らせていただこうと思います!

入門編②では【初めてのベアフットランニング実践方法】をご紹介させていただきます。

それではお付き合い宜しくお願いします!!!

1.ベアフットランニングってなに??

そもそもベアフットランニングが何であるかを簡単にご説明させていただきます。

名前の通り、ベアフット=裸足で行うランニングのことで、『人間は元々裸足で走る能力を持っていたから裸足で走れる、いや、むしろ裸足で走ることのほうが自然である』がベアフットランニングの根幹にある考え方です。

このベアフットランニングという考えが登場するまでの間、

「ランニングシューズはランニングをする人になくてはならない必需品であり、履く人の足を守り、パフォーマンスを向上させることができる唯一の道具である」

と信じられてきました。(正確に言うと、そのように考えるように大きな力によって信じ込まさせれてきたと言ってもいいでしょう)

ASHITOくん
ASHITOくん
ほとんどの人がランニングシューズを履いてるね!!

ベアフットランニングの考えはこれを真っ向から否定します。

「ランニングシューズは、ランニングをする人の怪我の原因になっている。ランニングシューズを履くことで、人間は本来のあるべき走り方を忘れ、筋力や反射神経は弱体化し、怪我をする要因を作り出している」

と考えています。裸足で走ること・裸足に近い状態ではしることが怪我をしない唯一の方法であるということですね。

ASHITOくん
ASHITOくん
そういえば!裸足やサンダルで走っている人たまに見かけるかも!!

詳しく知りたい方は、下記の本を読んでみてください!!物語風になっているので読みやすく、読み終わる頃には裸足で走り出したくなると思います!注意点は翌日お休みの日に読むこと(絶対寝れなくなります笑)!ランニングをするすべての方のバイブルだと思います!

Born to run走るために生まれた ウルトラランナーvs人類最強の“走る民族” [ クリストファー・マクドゥーガル ]

価格:2,200円
(2020/6/11 23:49時点)
感想(33件)

2.なぜ裸足でランニングが出来るのか

そもそも、『人間本来の走り方』とはどういった走り方をいうのか??

そして、ベアフットランニングをすることが、何故『筋力や反射神経の強化』や『怪我の防止』に繋がるのかを見ていきたいとおもいます。

紐解くためのキーワードは大きく3つです!

①足裏アーチ運動

②メカノレセプター機能

③フォアフットランニング

では、それぞれを解説していきましょう!!

①足裏アーチ運動とは
人間は本来、ランニングシューズのクッション性能や反発(バネ)性能のに頼らずとも、裸足でその2つを実現する為の仕組みを持っています。それが、『足裏アーチ運動』です。

足裏には、【親指の付け根】【小指の付け根】【踵】の3つの骨(支点)があり、その各々の骨を結ぶように【3本のアーチ】が存在します。(皆様が身近に知っている「土踏まず」は、親指の付け根と踵を結んでいるアーチのことです) この3本のアーチが果たす役割の代表的なものが、『①衝撃吸収』、『②バネ』の2つです。では、詳しく説明します。

まず、歩いたり走ったりして足が着地した際、3本のアーチがしなって『衝撃吸収』を行います。そして、衝撃吸収して伸びたアーチは元に戻ろうとするので(伸張反射と言います)、それが『バネ』となります。バネは次の一歩がスムーズに出るようにしてくれます。これを着地の度に繰り返すことで、人間は裸足でも歩いたり走ったりできるようになっています。これこそが人間がシューズを履かずに走れる理由です。

※機能性の高いランニングシューズが、足裏アーチ運動の代わりをしてくれるようになったことで、足裏アーチ運動をしなくてもよくなった=足裏アーチ運動をしなくなったとも言われてます

②メカノレセプター機能とは
足裏は、非常に精密で計算されつくした構造になっています。成人の骨は体全体で206個あり、そのうちの56個(つまり、およそ1/4)が”くるぶし”から下にあります。重い身体をたった2本の足で支えるには、精密さが必要だという証拠です。そして、その精密な”くるぶしから下”の中でも、特に足裏には細かい機能が備わっています。

その精密な足裏機能の1つが、『メカノレセプター』という身体の外からの刺激(危険信号)をキャッチして、即座に対応・修正するセンサー機能です。姿勢バランスを整えることもできるこのセンサーは、身体の中でも特に足裏に集まっていると言われています。(例:裸足で石ころとかを踏むと、「痛い」と感じ反射的に足をどかすでしょう。そして足を上げると不安定になるので、もう片方の足でバランスをとって倒れないようにすると思います。これらはすべて足裏の『メカノレセプター』というセンサーが感じ取って、脳に指示してくれているのです)

裸足やベアフットシューズで走る際、人間は本能的にこのメカノレセプターというセンサーを使って走るようにできています。『危ない着地の仕方』や『危ない走り方』をした際には、このセンサーが即座に働いて、修正をかけてくれます。その為、裸足では怪我をするような走り方をしなくなるのです。

※機能性の高いランニングシューズを履くと、分厚いクッションが地面から刺激(情報)を遮ってしまい、メカノレセプターが働かなくなります=危険な着地や走り方でも問題なさそうに走ってしまうのです。

③フォアフットランニングとは
②の『メカノレセプター機能』でも説明したとおり、人間はこの機能を使って、本来あるべき走り方・ランニングフォームを実践していると考えられます。そのランニングフォームこそ『フォアフットランニング』です。フォアフットランニングとは、【前足部(爪先部)】で着地する走り方のことです。なぜこの走り方が人間本来の走り方かは簡単なテストをすればわかります。

その場でジャンプをしてみてください。どこで着地しますか?踵ですか?爪先(前足部)ですか?・・・・爪先(前足部)ですよね!(踵で着地しようとしてみると、恐ろしくて出来ないとと思います)つまり、理想的なフォームは爪先(前足部)であると言えます。決して踵などでは有り得ないのです。

更に、フォアフットでの着地は他にもメリットがあります。それは、『ふくらはぎ(アキレス腱)』の伸長反射を利用し、衝撃吸収とバネができるようになることです。つまり、『足裏アーチ』と『ふくらはぎ』の伸長反射を使って、人間は効率的に走行できるようになっているのです。

足裏アーチ運動と同じような理屈ですが、走ったりして足が爪先部で着地したあと、踵は地面の方向に向かって沈んでいきます。このときふくらはぎが伸びて『衝撃吸収』を行います。そして、衝撃吸収して伸びたふくらはぎは元に戻ろうとするので(伸張反射と言います)、それが『バネ』となります。バネは次の一歩がスムーズに出るようにしてくれます。これを足裏アーチ運動同様に着地の度に繰り返すことで効率的に走れるようになっています。

※機能性の高いランニングシューズを履くと、分厚いクッションが邪魔になり、先に踵が地面に触れます。そうすると伸張反射はもちろん恐ろしい踵着地になるのです。

3.ベアフットランニングのメリット(実体感)

ベアフットランニングに関する詳細な書籍や記事はたくさんありますので、ここではランナーであるわたしが、【実際に裸足で走ることを繰り返した中で感じたベアフットランニングのメリット】を記載します!大きく3つです。

1.怪我をしにくい走り方を習得できる

2.脚力や走るための神経回路が強くなる

3.短い時間で効果的なトレーニングが可能になる

わたしは、もともと走り方の癖が大きく『腸脛靭帯炎』を繰り返していました。走り方(足のつき方・体重の乗せ方)を見直し、ストレッチで筋肉の状態をやわらかく保つなど行っていましたが、『調子いいぞ!!』と『あれ?またなんか違和感が・・・』を何度も繰り返していました。

そんな中、何気ないいつもの社内の講習会にて、青天の霹靂的に出会ったのがベアフットランニングでした。初めてお話を聞いたときは、もう目からウロコが何個出てくるんだろうというくらいに衝撃的でした!笑 と同時に、今まで自分がやってきたことが否定された複雑な気分と、どこで感じていたランニングの限界(ケガ・記録・モチベーション)を突破できる可能性みたいなものがありました。講習会の最後には、もうベアフット信者になっていたと思います!笑

そんなこんなで、ベアフットランニングに取り組み始め約1年経つ頃には悩んでいた腸脛靭帯炎はもちろん怪我もほぼなしでした。(クッションなんてほぼないシューズで走っていたのに!)

更に、ふくらはぎ(アキレス腱付近の)の筋力がめちゃくちゃ強くなっていました!ベアフットランニングの真骨頂であるフォアフットランニングを支える筋肉である)

また、ベアフットランニングは従来のランニングシューズよりもクッションがない分、筋肉や身体への刺激が多く入る為時短トレに最高だと気付きました!

ASHITOくん
ASHITOくん
こんなにメリットがたくさんあるんだね!!ベアフットランニングってすごいね!!

ベアフットランニングのメリットについて詳しく知りたいという方は、この本がわたしてきに一番おすすめですよ!!数ある本の中でも一番わかりやすい!走り方についてもかいてくれているので一石二鳥!

ゼロベースランニング 走りの常識を変える!フォームをリセットする! [ 高岡尚司 ]

価格:1,430円
(2020/6/12 00:30時点)
感想(1件)

4.ベアフットランニングのデメリットと注意点(実体感)

わたしが実践し今日に至るまで正直デメリットはありません!! ですが、ここだけは注意が必要かなというポイントがあるので覚えいておいてください!

1.習得するのに最低でも1年は見る必要がある。

2.相当なれないと、走り込むことは難しい(フルマラソンなど)

3.最初は歩きから始めないとハイリスク

4.走りたくてもとにかく我慢!!!(経験者ほど注意)

簡単に言うと、すぐに結果や効果が欲しいというランナーには不向きかと思います。例えばですが、「明日レースに出ます(あまりいないとは思いますが)」、「半年後までにマスターしたい」など。

最低でも、何らしかの効果が見えるまでに1年は見たほうがいいと思います。マスターするとなるともっとかかります。これは、わたしの体感だけが根拠ではなく、様々な顧客様にトライしていただいた結果を集約したものになります。

また、今まで使っていなかった筋肉を使うようになるので、最初から走ることは相当リスクが高いです。必ず、初めは歩くところからはじめたほうがいいです。経験の長いランナーは走りたい欲求が強いのでついつい走ろうとしてしまいますが、本当に危険なので必ず歩くことから始めてください。もちろん、レースは辞めましょう!!

ASHITOくん
ASHITOくん
とりあえず裸足で走ったらいいというわけではないんだね!僕も注意して試さなきゃ!

5.まとめ

最後は少し脅すような内容となってしまいましたが、

ベアフットランニングは間違いなくランナーが一度は体験すべきランニングのスタイルだと思います!

「今まで気になってはいたが、やっていなかった」、「ちょっとやってみようかなと考えている」、そんな方は是非ベアフットランニングに触れてみてください!

まずは、上記の素敵な書籍を読むことからでも十分です!!その他にも、実際に読んてみてわかりやすかったベアフットランニングのおすすめ書籍を紹介しておきますので、参考にしてみてください!!

裸足ランニング (ランニングBOOK) [ 吉野剛 ]

価格:1,430円
(2020/6/12 01:08時点)
感想(4件)

【中古】ベアフットランニングステップバイステップ /スタジオタッククリエイティブ/ケン・ボブ・サクストン (単行本)

価格:2,116円
(2020/6/12 01:12時点)
感想(0件)

では、入門編②では【初めてのベアフットランニング実践方法】を語り尽くしますので、お楽しみに!!

こんにちは。 はしりびとです。 今回の記事は、前回からのテーマである ランナーすべての方に知っていて欲しい、わたし...

それでは、怪我なくランニングライフを楽しみましょう!

はしりびとはブログランキングに参加しています!

いい記事だなと思ったマニアの方は、応援の意味で下記をクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする